未分類

(MBTI心理機能)PとJだけの違いはライバル相性

こんにちは、今回の記事は

『PとJの違いはライバル相性』です。

例えば

ESFJのライバルはESFP

ISFPのライバルはISFJ

ISTPのライバルはISTJ


という風に最後のPとJがが違う
タイプは何かとライバル相性の可能性があります。

ライバル相性とは?


緊張感、競争心、刺激を感じます。
対処法:向きにならない


僕のタイプはENFPなので
ENFJがライバル相性になります。


思い返してみたら
かなりENFJタイプが僕の周りにいました。

・バドミントン時代のダブルスのペア(ENFJ)
・実の姉さん(ENFJ)
・世界を旅する経営者(ENFJ)


特に実の姉に関しては
「年上に敬意を払え!」
「年下なんじゃけ言うこと聞け!」


とかなり口をすっぱく言われました笑…
よく言い争いもしていましたが


結局どちらもが引かないので
争いが終わりません。


何十年も一緒に過ごしてようやく分かったのは
やはり「向きにならない」でしたw


ENTJとENTPが仕事で争っている姿も見たことがあります。
このペアの対決は中々見ものでしたがw
(思考タイプなので…)


話をして互いに理解されていました。


ESFPとESFJに関しては
知ってる限り連絡の取り合いで相手の感情を揺さぶっていました。
外的感情が強いからでしょうか?


とりあえず
相手がライバル相性の場合


ムキにならなければ大丈夫です!
問題ありませんね♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
おんりけ

奥さん

2019年より16パーソナリティに出会い、全国を回りながら100名近くを診断。 その後心理機能をより深く知り、さらに興味が湧く。今は実験しながらもデータを集めて今後出会う人を導きたいと言う思いから挑戦中。(外的直感)

よんでほしい記事

-未分類

© 2020 MBTI 16心理機能革命